HOME >

…ちょうどいいってばよ! オレもお前と戦いたいと思ってとこだ!


…ちょうどいいってばよ! オレもお前と戦いたいと思ってとこだ!


naruto

人物 うずまきナルト
漫画名 NARUTO -ナルト-
コミック 第20巻
タイトル 174話『想い、それぞれ…!』

入院中のサスケの見舞いに行ったナルトが、サスケから戦えと言われた時に放った一言。

NARUTO -ナルト-とは

忍者を目指し、アカデミーに通ううずまきナルトは超問題児の落ちこぼれで、毎日イタズラ三昧。

卒業試験に3回落第していたが、身を挺して守ってくれた教師のうみのイルカの行動をきっかけとして目覚め、何とか卒業して下忍になる。

下忍になったナルトは、うちはサスケ、春野サクラと共に、上忍のはたけカカシの第七班に配属される。

カカシから鈴を奪い取るサバイバル演習では自分たちの未熟さを思い知るが、“仲間の大切さ”に気付き、これまで合格者を出したことのないカカシから正式に下忍として認められる。

その後、波の国のタズナの護衛の任務において、霧隠れの抜け忍、桃地再不斬と氷遁忍術を操る少年、白と戦闘。

苦戦を強いられるが、この実戦を通じて忍者として大きな成長を遂げる。

サスケはこの戦いにおいて、うちは一族の血継限界である写輪眼を開眼し、ナルトは自らに眠る九尾の強大な力の片鱗を初めて見せる。

<wikipediaより引用>