HOME >

いってきます

いってきます

セラス・ヴィクトリア(漫画名言.com)

人物 セラス・ヴィクトリア
漫画名 HELLSING
コミック 第7巻
タイトル 第8話『いってきます』

ベルナドット隊長を吸血し自身にとり込んで成長したセラスが、”二人で”約束を果たすために戦地に向かう直前に生き残った兵士に向かって言った一言。

HELLSINGとは

20世紀末、英国では不可解な吸血鬼事件が頻発し、王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」がその対処にあたっていたが、ヘルシング本部が強襲されるなど多大な被害を受ける。一方、犬猿の仲であるヴァチカン及びその直属「イスカリオテ機関」と紆余曲折を経て協力関係を持ち、事件の黒幕が南米に逃れたナチス残党による組織「ミレニアム」だと知る。
ブラジルでの戦闘を経て、「ミレニアム」の正体が先の大戦末期にヘルシング機関が潰した「少佐」と呼ばれる男の部隊であると分かる。少佐は英国王室の会議で宣戦布告を行い、その場にいながら少佐から無視されたイスカリオテ機関は、英国とミレニアムを共に潰そうと画策する。
そして、ミレニアムは1,000人の吸血鬼部隊を率いて再び英国本土を強襲、これに乗じたヴァチカン教皇庁の第九次空中機動十字軍3,000人も加わり、ヘルシング機関を合わせた三つ巴の大戦争が始まる。

<wikipediaより引用>

人気名言ランキング