HOME >

ただ 俺の惚れた女は自分のガキを守って死ねる女だった・ってことさ。

ただ 俺の惚れた女は自分のガキを守って死ねる女だった・ってことさ。

黒崎一心(漫画名言.com)

人物 黒崎一心
漫画名 ブリーチ(BLEACH)
コミック 第26巻
タイトル 第228話『戦う少年〔The Cigar Blues Mix〕』

一護が自分を庇い虚に殺された母親の仇を討ち損ね、なぜを誰も自分を責めないのかと言ったことに対する父親・一心の一言。

ブリーチ(BLEACH)とは

霊感が強い高校生・黒崎一護は、悪霊退治に来た死神・朽木ルキアと出会う。

最初は死神の存在を信じなかった一護だが、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)に襲われたことでルキアを信じざるを得なくなる。

家族を悪霊との騒動に巻き込まない為に虚に立ち向かう一護だったが、普通の高校生が虚に敵うはずがなく、一護を庇ったルキアは重傷を負ってしまう。

絶望的状況の中、ルキアは最後の手段として一護に死神の力を分け与えることを提案し、一護は死神となって虚を退治した。

しかし、ルキアの予想以上に一護が死神の力を吸い取ってしまった為、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまう。

そこでルキアは、自身の力が回復するまで、一護に死神代行を務めるよう迫る。

一度は断る一護だが、ルキアに家族を救われた恩に報いるため、死神代行を引き受け、様々な騒動に巻き込まれていく。

ある日、同級生の石田雨竜が一護に勝負を仕掛け、大量の虚が空座町に現れる事態になってしまう。

そんな中、茶渡泰虎、井上織姫の2人が隠された能力を発揮することとなる。

<wikipediaより引用>

人気名言ランキング